本文へ移動

ニュース

ニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

全校集会(親善音楽会に向けて)

2015-11-05
 11月5日の業前の時間に、体育館で全校集会を行いました。明日の親善音楽会を前に、出演する3・4年生が、合唱や合奏を発表しました。教室や音楽室での練習とは違い、全校児童を前にして、少し緊張している様子が伝わってきます。パフォーマンスやリコーダー演奏、2部合唱と、本番を前にして、良いリハーサルにもなりました。明日の親善音楽では、これまでの練習の成果を発揮して、発表してほしいと思います。

土曜参観日(道徳授業参観)その2

2015-10-31
 1年生「ともだちとなかよく」(友情・助け合い)、2年生「キミならどうする?」(礼儀、節度・節制・自立)、3年生「友達って、いいな」(友情・信頼・助け合い)、4年生「思いやる心を伝えよう」(思いやり・親切)、5年生「おたがいを大切にしながら」(友情・信頼・助け合い)、6年生「かけがえのない命」(生命尊重) 学年の発達段階に応じた資料をもとにして授業を行いました。今回の道徳授業参観は、学校と家庭が協力して児童の道徳性を育んでいく機会となりました。

土曜参観日(道徳授業参観)

2015-10-31
 10月31日(土)に土曜参観日を実施したところ、たくさんの保護者の皆さんに参加していただき道徳の授業をみていただきました。禾二小では、平成22から24年度まで、山梨県教育委員会より「やまなし」心づくり道徳教育推進事業の指定を受け、道徳教育について研究を進めてきました。以降、道徳の授業を大切にして、道徳の授業を参観していただく機会を設けることで、学校と家庭が協力して、子どもたちの豊かな心づくりにつなげていけるようにしています。低学年の子どもたちも、集中して話を聞き、自分の思いや考えを発表していました。

教えてもらってびっくり大作戦

2015-10-30
 スポーツや読書、文化、食欲と様々な秋があります。その中から「学問の秋」の一コマを紹介します。禾二小では、児童会活動として、高学年の児童が低学年の児童に勉強を教えてあげる、教え合い活動を進めています。今回は、「教えてもらってびっくり大作戦」として、1年生は「たし算、ひき算」、2年生は「かけ算九九」、3年生は「物語文の読み取り」と、それぞれの学年に合った勉強を教えてもらいました。たくさんのちびっ子先生で教室がいっぱいになり、笑顔で学び合う姿がたくさん見られました。

福祉講話(4年・総合)

2015-10-29
 4年生は、総合的な学習の時間で、2学期は福祉について学んでいます。29日(木)5・6校時に、夏狩在住の菊島巧さんと盲導犬「シルク」を講師にお招きして、福祉講話を行いました。伝えたいこととして、①夢を持って、②命を大切に、③継続は力なり、ということを、ご自身の体験を交えながら、何度も繰り返し語りかけて下さっていました。また、現在7才のシルクは、おおむね8才と言われる引退が近づきつつあるそうです。「こうして、みんなの前で一緒に話ができるのも、もしかしたら最後かもしれません。」というお話に、4年生たちはメモを取りながら熱心に学習していました。
TOPへ戻る