都留市立小学校ポータルサイト│都留市教育委員会│山梨県│都留市│学校

 

ニュース

 

宝小ニュース

宝小ニュース
フォーム
 
素晴らしかった宝小の一年間~修了式を行いました~
2018-03-23
本日,修了式を行いました。
校長先生から,各学年の代表に修了証書が手渡され,全校児童に向けて次のようなお話がありました。
「あゆみ」の中には,一人ひとりのがんばったこと,成長したことが書かれています。一年間みんなよくがんばりました。
そして,みんなで拍手をおくりましょうと呼びかけました。
まず,30人の宝っ子の名前を呼び,この人たちは一年間学校を一度も休まなかった元気なみなさんです。と紹介して拍手をおくりました。
次に,学校の教育目標である「よく考える子,がんばりのきく子,思いやりのある子」を取り上げ,この一年よく考えた人?がんばった人?,思いやりの心をもてた人?とききました。ほとんどの人が立ち上がり,互いの一年間の成長をたたえて拍手をおくり合いました。
児童代表の言葉では,一年生のみなさんが発表してくれました。全員が交代でこの一年間でがんばったことと,2年生になってがんばりたいことを発表してくれました。国語の音読で家でも練習したら上手にできるようになったり,苦手だった漢字を書けるようになったりしたこと。算数の計算ができるようになったこと。体育で縄跳びをがんばったこと。図工の版画を何日もかけて仕上げたら金賞をもらえたこと。そうじのとき,水道のところをきれいにしたり,机を一生懸命運んだりしたこと。そして,2年生ではかけ算九九をがんばりたいということを元気に発表してくれました。
 
宝っ子一人ひとりがそれぞれのよいところを伸ばし,苦手なことを克服しようとして努力してきた一年間でした。学級や児童会活動,学校行事ではお互いに力を合わせ,互いに思いやることで絆が深まりました。宝小にとっても,宝っ子一人ひとりにとっても素晴らしい一年になったことを実感できる修了式となりました。
ご家庭のみなさま,地域のみなさまのご理解とご支援をいただいたことに心より感謝いたします。ありがとうございました。
 
卒業おめでとう
2018-03-16
本日3月16日,素敵な15名の卒業生が宝小を巣立ち,中学校という新しい世界に飛び立ちました。
ご来賓のみなさま,ご家庭のみなさま,本校教職員と在校生に見守られる中,校長先生から卒業証書を手渡された卒業生の顔は凛々しく輝いていました。校長先生からのはなむけの言葉,教育委員会告辞,お祝いの言葉に強く励まされたことでしょう。
巣立ちの言葉・贈る言葉では,思い出を語り,友情の大切さや感謝の思いを一人ひとりの言葉として伝えることができましたね。小学校生活の6年間の集大成にふさわしいものでした。卒業生の思いは,お家の人や先生方,在校生の心に届きました。
今日の卒業式に向けて,在校生のみなさんも,呼びかけや合唱の練習,会場設営など一人ひとりの力を結集して,卒業生にありがとうの思いを伝えるとともに,自分たちが卒業生の意志を継いでいきますという気持ちを込めて取り組んできました。遠く離れたみなさんからもお祝いのメッセージをいただきました。ここに集ったすべてのみなさん,そして離れていても宝っ子を応援してくださっているみなさんとともに,15名の卒業をお祝いすることができました。
おかげさまで素晴らしい感動的な卒業式となりました。私たち宝小教職員と在校生は,これからも巣立っていった卒業生のみなさんを応援しています。
平成29年度宝小学校卒業生としての誇りを胸に,力強く人生の道を歩んでください。
ご卒業おめでとうございます。
 
素晴らしい卒業式にするために
2018-03-13
卒業式予行を行いました。卒業生と3年生・4年生・5年生が参加しました。先日の合同練習の後も,お互いに思いを伝え合うためにさらに努力をしてきました。教職員も参加して進行の確認をしました。
素晴らしい卒業式にしよう。そのためには,ここにいる全員の力が必要です。一人ひとりが自分の思いを伝えるために自分にできること,自分のやるべきことを精一杯やって,素晴らしい卒業式にするために,今日の予行練習があるのですという共通理解をしてでみんながんばりました。
予行が終わったときに振り返って,自分にできること,やるべきことができたかどうかは本人しか分かりません。ただ,みんなの姿勢や呼びかけ,歌声を聴いていると宝っ子が自分の思いを卒業生に届けよう,在校生に伝えようとしていること,そして相手からのメッセージを受け止めようとする真剣さを感じました。
きっと素晴らしい卒業式になります。みんなありがとう。
 
6年生が感謝会を開いてくれました
2018-03-13
先生方に感謝の気持ちを伝えたい・・・6年生が,そんな思いを「感謝会」として表してくれました。毎年開かれるこの会は,宝小の6年生の伝統的なものになっています。
6年生が作ってくれたパンケーキをいただき,一緒にダンスをし,クイズを楽しみました。リコーダー演奏も披露してくれました。6年生が書いてくれた教職員の似顔絵は,とても丁寧に描かれていて,一人ひとりに対して感謝の言葉が綴られていました。その絵と言葉にはぐっとくるものがありました。
教職員全員からは,6年生にはなむけの言葉が贈られました。
宝小学校は,小さな学校です。それだけに一人ひとりの子どもたちと教職員の距離が近く感じます。6年生のみなさん,ありがとうございました。みなさんの思いは私たち教職員の心に響いています。卒業まであと数日となりました。
卒業式を素晴らしいものにするように宝小のみんなでベストを尽くしましょう。
 
卒業式に向けた合同練習
2018-03-09
卒業式に向けて,卒業生と在校生の合同練習が行われました。
練習に先立って,卒業生代表と在校生代表からそれぞれの思いが語られました。ともに卒業式を素晴らしいものに創り上げていこうという意志が一つになりました。
今までは,それぞれ練習をしてきましたが,今回呼びかける相手がいるという合同練習です。卒業生も在校生も,目の前にいる相手に思いを伝えようと,とても素晴らしい態度で参加し,一生懸命に声を出していました。
卒業生と在校生が一緒になってその成果は大きなステップアップにつながりました。
1(卒業生)+1(在校生)=2ではなく,3にも4にも5にもなる可能性を感じました。
これから卒業式まで,更に練習し予行練習に向かいます。
自分たちで自分たちの思いを伝えるために,一人ひとりの卒業を心から祝うために,みんなで取り組んでいきましょう。
<<都留市教育委員会>> 〒402-8501 山梨県都留市上谷一丁目1番1号 TEL:0554-43-1111