本文へ移動
都留市立小学校ポータルサイト
都留市教育委員会
〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
TEL:0554-43-1111
1
8
0
1
3
4

学校案内

学校長あいさつ

 本校は,都留市の北西部に位置し,三ツ峠山の千段の滝方面からの登り口にあたり周囲を山や川に囲まれ,豊かな自然環境に恵まれています。
 学区は,①大幡(上大幡・下大幡)・②中津森・③金井・④平栗(含む;⑤加畑・⑥厚原)の6地区(以前は川棚を加えた7地区で「ななさと」)です。地域の方のご支援とご協力をいただきながら,学校教育目標を「確かな学力と豊かな心や体をもった児童の育成」とし,めざす子ども像として,「よく考える子」「がんばりのきく子」「思いやりのある子」と定め,教育活動に取り組んでいます。
 長い歴史と伝統を誇る本校において,今年度も121名の宝っ子たちが笑顔で楽しく学校生活が送れるよう,教職員一丸となって取り組んで参りますので,皆様方のなお一層のご支援とご協力をお願いいたします。
                         校 長  髙 部 茂 人 

学校経営について

平成30年度 都留市立宝小学校 学校経営方針
                                                               
Ⅰ 山梨県学校教育指導重点(教育課題・指導重点項目・重点目標)
 課題1 新しい時代に必要となる資質・能力の育成
  ○知識・技能・思考力・判断力・表現力等,学びに向かう力・人間性の育成(教育課程の編成と実施)
  ①外国語教育を充実させ,小学校では児童のコミュニケーションの基礎を養う。
  ②学力向上への取組や生徒指導等の成果や課題を共有し共通の課題の改善に向けた小中連携教育を推進する。
    ○知識・技能・思考力・判断力・表現力等,学びに向かう力・人間性の育成(学習指導の充実)
  ①「主体的・対話的で深い学び」の実現に向け,校内研究に取り組むとともに,「やまなしスタンダード」に基づいた
   授業実践を進めることで授業の質的向上に努め,確かな学力の育成を図る。
  ②『家庭学習実践事例集』を参考に,教員間で家庭学習への取り組ませ方について共通理解を図ったうえで全校体制で
   実施し,家庭学習の定着を促進する。
  ○体力の向上と健康教育の推進
  ①体育・保健体育科において,基礎的な運動能力の育成を図るとともに,体育的行事等の特別活動や休み時間等,
   学校教育活動を相互に関連させながら実践し,体力の向上に努める。
  ②「食」「安全」「心身の健康の保持増進」に関する指導を相互に関連させながら実践し,
    健康教育の一層の充実を図る。
 課題2 豊かな心と自己実現を図る力の育成
  ○いじめを許さない集団づくりと不登校児童が生じない環境づくり
  ①いじめに関する情報を共有し,いじめを許さない集団づくりに努める。
  ②不登校児童が生じない環境づくりに努め,再登校や将来の社会的自立を果たせるよう,組織的・計画的に支援する。
 課題3 一人一人のニーズに応じた特別支援教育の充実
  ○教員の専門性の向上と「個別の教育支援計画」の作成・活用
   特別支援教育に関する専門性の向上を目指すとともに,特別な教育的支援の必要な子供の「個別の教育支援計画」
   を作成・活用し,特別支援教育の充実に努める。
 課題4 子供たちが安全で安心に生活できる環境づくり
  ○様々な状況を想定した学校の安全管理体制の確立
地域と連携し危機管理マニュアルの見直し等安全管理体制に万全を期し,子供たちが安心して生活できる環境づくりに努める。
 
Ⅱ 都留市学校教育の指針
 1 生きる力を育む教育課程の編成と実施
  ○地域や学校の実態,児童・生徒の心身の発達の段階や特性等を考慮して,生き方を考え実現する能力を備えた調和のと
   れた人間の育成を目指す学校づくりに努める。
     ○各教科等及び学年相互間の関連と調和を図り,学習指導要領の趣旨を踏まえ,各教科等の指導計画の改善と充実に努
   める。
  ○学校が楽しい学びの場となるために,学校運営の改善を図るとともに,小中学校間のつながりにも配慮した特色ある
   教育課程の編成とその実施に努める。
 
 2 確かな学力を身につける学習指導の工夫
  ○基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り学習意欲の向上と学習習慣の確立に努める。
  ○教育活動全体をとおして,思考力・判断力・表現力等を育むため言語活動を重視した指導に努める。
  ○課題をもって探究する学習指導方法や評価方法を工夫し,個に応じたきめ細かな指導に努める。
 
 3 豊かな人間性を育む心(心づくり)の教育の推進
  ○すべての教育活動をとおして,自他を敬愛し粘り強く最後まで諦めない,しなやかな心の育成に努め,規範意識,感動
   する心など豊かな人間性を育む心の教育の充実に努める。
  ○家庭・地域と連携して,基本的生活習慣の確立と道徳的心情・道徳的実践力の育成に努める。
  ○愛情と信頼に基づいた,個に応じた生徒指導の充実に努める。
  
 4 健康・安全・スポーツ教育の充実
  ○教育活動全体をとおして,体力・健康・安全・食に関する理解を深め,日常生活に生かせる能力を育てる。
  ○生涯を通じて体育・スポーツに親しみ,自ら体力の向上に積極的に取り組み,健やかで心身の調和のとれた児童・生徒
   の育成に努める。
 
  5 信頼される学校づくりの推進
     ○学校内外からの評価を基に,家庭・地域と一層の連携を深め,地域に開かれた魅力ある学校づくりに努める。
  ○学校の安全計画及び防災・防犯等の危機管理マニュアルの改善・充実と,それに基づく安全管理体制を拡充し,児童生
   徒の安全の確保に努める。
 
 
Ⅲ 本校の経営方針
  歴史と伝統を有するふるさとの自然と文化を愛し,豊かで香り高い知性と情操を身につけ,たくましい意志と体力,自ら
 学ぶ創造的な個性をもった児童を育成することを本校教育の目標と  し,次の基本方針を定める。
 
 1 基本方針
  (1) 全教職員の英知と創意を結集し,質の高い意欲的な職場を作り,子どもたちや地域の実態をふまえた教育課程の編成
    を行うとともに,地域に開かれた特色ある学校づくりに努める。
  (2) 一人一人の個性を的確に把握するとともに,基礎的・基本的事項を身につけさせ,自ら学ぶ意欲や態度を育むように
    努める。
 
  (3) 全教育活動を通して,生命を尊重する心,他者への思いやり,規範意識,感動する心など豊かな人間性を育む心の教
    育の充実に努める。
        ・いじめや不登校,暴力行為等は,どの学校でも起こり得ることを十分認識し,未然防止のための取り組みを推進
    する。
 
  (4) 健康と安全に対する関心や態度を育むとともに,生涯体育・スポーツに親しみ,体力の向上に積極的に取り組む子ど
    もを育成する。
 
  (5) 情報発信に努め,家庭・地域との連携を密にし,地域の特性を生かした特色ある教育の推進に努める。
 
  (6) 学校安全計画及び防災・防犯等の危機管理マニュアルの改善・充実と,それに基づく安全管理体制の拡充に努める。
 
 2 教育目標
        確かな学力と 豊かな心と 健康な体をもった児童の育成
 
  3 めざす子ども像
  ○よく考える子
   進んで学習し,正しく判断して,物事が処理できるとともに,創意工夫のできる子ども
  ○がんばりのきく子
   広い視野に立って,正しい事は主張し,自分の行動に責任をもってやり抜く,強い心と体をもっている子ども
  ○思いやりのある子
   自然を愛し,自他を大切にし,お互いに協力し合える,心のやさしい子ども
 
 (具体的)
  ○よく考える子
    ・課題をもち自ら学習できる(自主的に課題を見つけて学習ができる)
    ・「わけ」を添えて意見が述べられる(発言の根拠を添えて自分の意見が言える)
    ・進んで読書し自分の考えがもてる(読書したことについて自分の意見が言える)
 
  ○がんばりのきく子
    ・毎日,学年×10分以上の家庭学習が続けられる(毎日の自主的な学習習慣) 
    ・運動に親しみ体力づくりに努められる(継続的な体力づくりが続けられる)
    ・係の仕事を最後までやり遂げられる(担当箇所の清掃活動等を責任をもって行う)
 
  ○思いやりのある子
    ・明るいあいさつができ,相手を思いやる言葉が使える
              (あいさつ・言葉遣いの大切さを認識させ,実践させる)
    ・お互いに良いとこを認め合い励まし合える
              (児童対児童,児童対教師で徹底する)
    ・自然や物を大事にできる(環境に対しても思いやりをもてるようにする)
    ・自分の言動に自信がもてる
    (児童が主体的,意欲的に学習や活動へ取り組めるよう工夫し,児童の自己肯定感を高め,全校,学級の一員 として
     の自覚を育てるようにする。
 
 4 めざす学校像
    ○いきいきと学ぶ学校
    ○子どものよさを伸ばす学校
    ○期待と信頼に応える学校
    ○安心・安全な学校
 
  5 めざす教師像
    ○目標に向かって協働する教師
    ○子どもの心に寄り添い支える教師
    ○温かさと厳しさをもつ教師
 
  6 指導の重点
  (1) 各教科・道徳・特別活動・総合的な学習の時間
   ① 各 教 科
    ○基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る。
         ○個に応じた指導や学ぶ意欲を引き出す授業を工夫する。
         ○思考力・判断力・コミュニケーション能力等の伸長を図る。
         ○指導法及び評価方法の工夫改善を図る。
         ○国語力の向上に努める。
 
   ② 道  徳
    ○豊かな人間性と道徳的実践力を育てる。
         ○命の大切さがわかり,主体的に判断できる力を育てる。
         ○一人ひとりを大切にし,協力し合う等の社会性を育てる。
         ○父母・祖父母を敬愛し,郷土を愛する心を育てる。
 
   ③ 特別活動
    ○望ましい集団活動を通して,調和のとれた心身の伸長を図る。
    ○集団・社会の一員としての自覚を深め,よりよい生活を築こうとする自主的・実践的な態度を育てる。
         ○人間としての生き方についての自覚を深め,自己確立の基礎づくりを図る。
 
   ④ 総合的な学習の時間(宝っ子)
    ○自ら課題を見つけ,問題を解決していく力を育てる。
         ○学び方やものの見方・考え方を育てる。
         ○自己の生き方を考える力,生活に生かす力を育てる。
         ○各教科・道徳・特別活動との関連を図る。
         ○情報・平和・環境・保健安全・福祉・図書館教育等との関連を図る。
 
      ⑤ 外国語活動
         ○外国語を通じて,言語や文化について体験的に理解を深める。
         ○外国語を通じて,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図る。
         ○外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませる。
 
      ⑥ キャリア教育
         ○望ましい進路発達を促す勤労観や職業観を育成する。
         ○将来を見つめ,自らの生き方を考える力を育てる。
 
  (2) 生徒指導
   ① 基本的生活習慣の徹底
     児童理解に努め,思いやりのある温かい人間関係の中で,基本的生活習慣が確実に身につくよう指導の徹底を
     図る。
   ② 問題行動
     早期発見・早期対応を旨とし,その要因や背景を多角的な視野から分析し,全教職員の共通理解のもと,家庭や
     地域及び関係諸機関との連携を密にして,指導の徹底に努める。
           迅速な保護者対応を心がけ,「報告」「連絡」「相談」「確認」を徹底する。
 
  (3) 学級経営
   ① 担任として独自性を発揮して学級経営にあたり,教師の人柄がにじみ出た学級をつくり出す。
   ② 子どもが存在感を感じる,民主的でより質の高い学級集団づくりに努める。
   ③ 教室の環境整備(美)に心がける。
 
  (4) 特別支援教育
   ① 基本方針
    ○特別支援コーディネーターを中心に全教職員が一丸となり協力して取り組む。
    ○校内委員会を設置し適切な運営を進める。また,必要に応じて外部の専門機関や講師の効果的活用を図る。              
 
   ② 特別支援学級としての教育目標   
    ○自分のことは自分でする子    
    ○友だちと仲良くする子      
    ○最後までやり抜く子
          

H30グランドデザイン

校舎風景

代替テキストをご記入ください
屋外プール
代替テキストをご記入ください
校舎
代替テキストをご記入ください
体育館

概要

名称都留市立宝小学校
所在地〒402-0045 山梨県都留市大幡1143
電話番号0554-43-2664
FAX番号0554-43-9743
校長髙部 茂人
創立年月日明治26年6月1日

沿革

明治6年創立
昭和22年 新学制実施 都留市立宝小学校と改称
  32年校章・校歌制定、校旗樹立
  37年特別教室(理科室・図書室)落成
  39年プール完工
  48年開校100周年記念行事を挙行
  54年新校舎落成
  56年優良PTAとして文部大臣表彰
  59年屋内運動場、新プール落成
  61年文部省指定体力づくり公開研究発表
平成 元年学校給食優良校として文部大臣表彰受賞
   5年屋外運動場へ夜間照明設置

交通アクセス

住  所:〒402-0045 山梨県都留市大幡1143
 
TOPへ戻る