本文へ移動

ニュース

ニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「2学期始業式、登校時の検温活動」

2021-08-25
「いよいよ2学期のスタート、実りある充実した2学期に」
 8月25日に2学期の始業式がありました。全校の子どもたちは、元気に笑顔で登校してきました。校長先生の話では、「各自がめあてをもって、充実した2学期にしていきましょう。」ということや、コロナ感染拡大を受けて、マスク着用・手洗いや手指消毒・3密回避等の徹底、また、感染者への相手の立場に立った誠意ある対応の仕方など、大切なお話をしていただきました。放送を使っての始業式となりましたが、子どもたちは、各教室で真摯に話を聞き、2学期への意欲を新たにするとともに、コロナ感染防止への取り組みの徹底を肝に銘じていました。
 また、登校時には、玄関での検温活動の徹底を図っています。コロナ感染の早期の収束を願うとともに、感染防止の取り組みを図りながら、充実した学期となるようにしていきたいと思います。

「1学期終業式」

2021-07-21
「1学期、よくがんばりました。楽しく有意義な夏休みを」
 7月21日に、1学期の終業式を実施しました。校長先生の話や学年代表の人たちの発表、大月警察署の方の交通安全等の話など、1学期を振り返るとともに、夏休みに向けてのきまりや約束を確認する大切な節目となりました。終業式の後、各クラスでは、夏休みの向けての話などがされました。児童の皆さんには、1学期にがんばったことを生かし、健康や安全に気をつけて、有意義な夏休みを過ごしてほしいと思います。2学期に、一段と成長した子どもたちに会えることを楽しみにしています。

人権の花贈呈式

2021-06-24
「人権の大切さを考える大切な機会となりました」
 6月24日に「人権の花贈呈式」がありました。法務局や人権擁護委員の方々に来校いただき、人権の大切さなどのお話を聞いたり、花の苗などをいただいたりしました。また、児童全員で、メッセージカードを添えた花の種の袋つきの風船を飛ばしました。いろんな地域の方々に届き、この活動の輪が広がっていけば幸いです。一人一人の心の中に、思いやりの心や人を大切にする気持ちを育てることは、とても重要なことですね。この活動が、人権の大切さを再認識する良い機会になったことと思います。

楽しく有意義な林間学校」

2021-06-10
「いろいろな貴重な体験ができました」
 6月9日~10日に、1泊2日の林間学校がありました。森の中を散策するウォークラリー、まが玉づくり、キャンプファイヤー、ツリーラリーやネイチャーゲームなど、たくさんの楽しく有意義な体験活動をしました。二日間の貴重な活動を通して、5年生の子どもたちが大きく成長をしたことと思います。お世話になった施設の皆様、本当にありがとうございました。

「栽培委員会による美化活動」

2021-06-01
「花いっぱい運動」
 6月1日に委員会活動がありました。栽培委員会は、畑に植えている野菜の世話や花の苗を植える活動をしました。プランターに、いろいろな花の苗を植えて、グランドや児童玄関の周辺に置きました。きれいに咲いた花を見ながらの登下校は、子どもたちの心を清らかにし、和ませてくれるものと思います。栽培委員会の皆さん、ありがとうございます。

TOPへ戻る